×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

熱中症での死亡者が増えている何故?

このエントリーをはてなブックマークに追加
>

昔は「熱中症」という病気は無かった!?

最近は熱射病日射病という病名ではなく、
熱中症」という診断名をよく耳にするように
なりました。
日本神経救急学会と日本救急医学会によって
暑さ、蒸し暑さ、強烈な日差しなどの環境で
おこる体調不良を総じて「熱中症」に統一した
ことに始まり、2000年以降に広がったものです。

死亡者増加の原因


熱中症の発生数および死亡者数は、増加傾向
あります。原因には気象条件や社会的背景が
考えられます。

真夏日、猛暑日熱帯夜の増加、都市部の
ヒートアイランド現象によって日本の夏は
昔よりも確実に暑くなっている

高齢者、ひとり暮らし、経済的弱者など、
熱中症の発見が遅れやすい「熱中症弱者」と
いわれる層が増加した


あまり知られていませんが、熱中症による
死亡者急増しています。
1993年以前は年間平均の死者数は67人
でしたが、94年以降492人に増大
2015年1077人に上り、93年以前
の年平均に比べて何と16倍のもなっています。

死亡者のうち65歳以上の割合は約8割となり
高齢者が大半を占めるようになりました。
近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が
増えており、住宅での発生が半数を超えています。
体温調整機能が低下している高齢者は、
暑さによる体の異変に気が付きにくく、
熱中症になりやすいため、特に注意が必要です。

熱中症が重症化して死亡するだけでなく、
間接的に死因になることもあるため、熱中症は
死に至る病気”であることを認識して
おきましょう。

水に濡らして、絞って、”パッ”と開くだけで冷感が
作動するCCTの冷感タオル

発売以来、100万枚突破のスタンダードシリ―ズは
大ヒット商品となりました。

水さえあればいつでも、どこでも、何度でも
使えます。また、肌触りもソフトで、小さなお子様
から、ご年配の方に喜んでいただいている
発売開始以来の大ヒット商品です。


しかも、嬉しいUV遮蔽率98%。
ネイビー・ライトブルー・ライトグリーン・イエロー
・オレンジ・ダークピンク・シルバーグレー・レッドの
全8 色。単色系なのでシーンを問わず
お使いいただけます。

CCT冷感タオルは、使い方も簡単。
CCTタオルが採用している
クールコンフォートテクノロジーズ生地の
冷感技術の特徴は、生地の奥の毛細管に
水分子が吸収され、水分子が吸収された生地を
“パッ”と広げて刺激を与えることで、
吸収された水分子が振動し、
蒸発冷却することにより、冷感効果が生まれます。


【重要なお知らせ】

国民生活センターより「水でぬらすだけで冷感が得られることをうたったタオル」について、肌に触れることで「湿疹・かぶれ」を引き起こす可能性があるとの発表がなされました。
原因は、イソチアゾリノン系防腐剤によるもとのされておりますが、CCTタオルにつきましては、国内の検査機関で防腐剤等の検出試験を行いましたところ、イソチアゾリノン系防腐剤等の検出は認められなかったとの試験結果を得ましたことをご報告申し上げます。
お客様におかれましては引き続き安心してお使いいただけるようお願い申し上げます。
※参考 「冷感タオル」に関する 国民生活センターの発表資料(新しいウインドウが開きます)





使うほど
わかるこの良さ
あなたにも!

リンク集

まとめ

Twitterまとめ